挙式のみを選ぶメリット

挙式のみにしたい人のための豆知識

挙式のみを行うメリットは意外と多くありますが、一番に挙げられるのが、費用と準備時間を抑えることができることです。

新着おすすめ記事

挙式のみを選ぶメリット

挙式のみの結婚式と聞くと、なんだか地味なイメージで、せっかく一生に一度となる結婚式なのにもったいないと感じたり、挙式のみなら婚姻届を出せば、式を挙げる必要はないと感じたりするカップルもいるようです。

しかし、挙式のみだからこそ生まれるメリットも多くあるのです。

まずは、式の費用と準備におけるメリットは、最も大きいものであるでしょう。

結婚するにあたり、披露宴を行うか行わないかで、準備にかかる時間、費用、そしてストレスが大きく左右されるのです。

挙式のみであれば、二人の衣裳、新婦のメイク、式場の手配、シンプルな引き出物と、準備をしなければならないことは、それほど多くありません。

ところが、披露宴を行なうとなると、料理、ゲストの席順、飾りつけ、余興、音楽などと、非常に多くのことを細かく決めていく必要があります。

その結果、挙式のみなら30万円前後で済む費用も、披露宴を行なうことで、最低でも100万円以上は、かかるということになるのです。

また、仕事が忙しくなかなか式の準備へ時間がとれない二人にとっては、これら全てを準備することは大きなストレスにもなりかねません。

そして、婚姻届を提出するだけでは得られない、結婚したという実感を得られることも、挙式のみを選ぶメリットであると言えます。

挙式のみですと、20~30分といった短い時間のセレモニーとなりますが、人々に夫婦になったということを見届けられ、祝福されることで、新たな出発をより感じることができるでしょう。

同時に、自分達に非常に近い人々へ、感謝の気持ちを伝えることも可能となります。