挙式のみ結婚式の進み方

挙式のみにしたい人のための豆知識

披露宴を行なわない挙式のみの結婚式も、式自体の流れは、一般的な結婚式とほぼかわらないようです。

新着おすすめ記事

挙式のみ結婚式の進み方

挙式のみという結婚式は、披露宴が行われないというのが大きく異なる点でありますが、式自体の流れは、一般的な結婚式と同様の流れで行われています。

ただ、挙式のみで披露宴がないことから、よりリラックスして落ち着いた気持ちで式を挙げられる、または式自体に集中できるという声も、新郎新婦から多く聞かれます。

挙式のみの結婚式も、教会やチャペルで行われる式の場合、まずは参列者が式場に入場し、親族は最前列に、新郎側のゲストは向かって右側、新婦側のゲストは向かって左側へと座ります。

その後、新郎が入場し祭壇に立ち、新婦の入場を待つこととなります。

新婦は自身の父親や、または極親しい身内にエスコートされる形で入場をし、新郎が待っている祭壇へと向かい、新郎と向かい合わせになる位置に立ちます。

挙式のみの場合も、賛美歌を歌ったり、聖書の朗読があったりすることが多いのですが、式場によっては、より時間をかけたり、短縮したりと、異なることもあるようです。

この後は、新郎新婦二人による結婚式の山場ともいえる、結婚に対する誓約、指輪の交換、誓いのキスがおこなわれます。

そして、結婚証明書へと新郎新婦、及び牧師、または新婦がサインをし終わると、二人が正式に夫婦になったということが宣言され、式は終了します。

ゲストが用意していたフラワーシャワーを浴びながら、新郎新婦は式場を後にします。

挙式のみなので、この後の披露宴は行いませんが、軽いリフレッシュメントが用意されていたり、会食が行われることがほとんどのようです。